学びの真似び(まねび) 「学び続ける人」になるために(教育と受験と勉強法)

学習の仕方に困ったことはありませんか?ここでは、「真似び=学び」という形で、さまざまな学習方法へのアドバイスをしていきます。学習の仕方に悩んだら、受験勉強で行き詰まったら、ぜひ訪れてみてください。効果的な学習方法を知って、学び続ける人を目指しましょう!

学びのコラム

オンラインができてしまった大学の、大学生の不幸~日常生活を考える

9月に入って、学校はコロナの影響で様々な行事日程の変更が続きながら、それでもより平常に戻ろうとしています。今日は、大学生について考えます。

もう一度「9月入学」の話。すべてを「遅らせる」提案であって、遅れを取り戻す話ではないこと。

ようやく、緊急事態宣言の解除が見えて、これから「9月入学」の話がまたぶりかえしてくるのでしょう。あまり長くこれをやっていても仕方ないのですが、休校が終わる以上、9月入学の問題をポイントを変えて書いておきます。

「学び」と「不要不急」。不要不急の中にこそ、生きていく意味がある。

このブログをはじめて2年あまり、ようやく200記事に到達しました。今日は、「学び」と「不要不急」についてです。

「経済か、命か」から、「生活か、命か」へ。コロナ後、コロナのある「学校」を考える。

緊急事態宣言もそろそろ終わる気配が見えてきました。一方で、コロナ以後の学校がどうなっていくかを考えなければいけなくなっているような気がします。意外と深刻な、コロナ後を考えておきたいと思います。

オンライン授業のために。必要なものと準備したプロセス。どうやると楽に授業できるか?

緊急事態宣言が全国に広がっている先生の中では、いよいよオンライン授業をしてみようと考える方もいるかもしれません。そんな方のために、ここまで自分がやってみて、感じた、必要なポイントなどをまとめておきます。

衝撃の丸投げ?文科省は、休校期間中の授業を放棄したらしい…。

さて、今日はかなり愚痴めいた記事です。文科大臣の記者会見です。

学校はこのままでいいの?「授業」を行うために。生徒と離れてどう教室を作るのか?

休校期間の長期化を真剣に考える時期がやってきました。どうやって、「学校」の「授業」を維持するかを考えます。

大学受験 安全志向になって、上位大学より下位大学が難しくなることはありうるのか?

大学入試が混乱する中、特に今年は「安全志向」が働いている状況です。そんな中、下位大学に落ちて上位大学に受かるという逆転現象も起きることがあるでしょう。難易度の逆転があるのか、ということを考えます。

読売新聞「国語力が危ない」が始まったけど…

読売新聞の一面に「国語力が危ない」の連載が載りました。今日はちょっとそれについて書きます。

平成が終わって令和になった…カセットテープが昔、あったよね?

あっという間に令和がやってきて、昭和、平成の時代の変遷と教育と学びを考えるシリーズです。今日は、カセットテープを考察してみたいと思います。

誰にでもできることを、誰にもできないところまでやり続ける「イチロー」の引退。

昨日、イチローが現役を引退しました。イチローの言葉、姿勢というものは、ものすごく学ぶ、真似ぶべきものだと思います。

学びのコラム「教員の労働環境とクラブ活動・部活動」ブラック部活を解決するには?その2

教育問題を考えるこのシリーズはテーマは「ブラック部活」です。学校から部活動を廃止して地域に移行する問題点を考えます。

学びのコラム「これからの「まなび」は何が必要なのか」変わる大学入試・新学習指導要領

今日の記事でようやく100記事目になります。というわけで、入試改革・新学習指導要領などがめじろおしの学校環境を考えつつ、「学び」について考えます。

学びのコラム「教員の労働環境とクラブ活動・部活動」ブラック部活を解決するには?その1

学びのコラムはあまりみなさんには興味がないかもしれませんが、教員の労働環境と部活動の問題です。問題点と解決の手段を2回にわたって考えます。今日はその1です。

学びのコラム1 「真似び」は主体性。何を学びますか?

「学びの真似び」と名前をつけながら、どうしても受験情報、特に大学受験情報に偏りがちなので、「学びのコラム」をはじめることにしました。今日は「真似び」と主体性の話です。